ゴボウ

gobo.gif  ゴボウにはポリフェノールのクロロゲン酸が含まれています。クロロゲン酸は、皮の部分とその内側に含まれており、アク抜きのために水にさらすと、大部分が流出してしまいます。ですから、表面の泥を洗い流すだけで皮付きのまま利用するようにしましょう。

ゴボウは消臭効果をもつことでも知られています。
柳川鍋にゴボウを入れることで、ドジョウの生臭さを消す効果があります。
この働きもポリフェノールの効果のひとつです。
ポリフェノールがドジョウの臭い成分であるトリメチルアミンを補足し、におわなくさせているのです。