カシス

カシスに含まれるポリフェノールは4種類のアントシアニン、デルフィニジン-3-ルチノシド、シアニジン-3-ルチノシド、デルフィジン-3グルコシド、シアニジン-3グルコシドです。

このうち2種類のアントシアニン(デルフィニジンー3-ルチノシド、シアニジン-3-ルチノシド)は、カシスにしか含まれていない、カシス特有のアントシアニンです。

カシスという呼び名はフランス語からきています。日本での名称は「黒すぐり」、英語では「ブラックカラント」と呼ばれています。

カシスポリフェノールは、ピントフリーズ現象を改善する働きがあり、眼精疲労をやわらげます。また、抹消血流の血行をよくし、筋肉のコリをほぐす効果もあります。顔面の血流も改善する効果があることから、目の下のクマの解消が期待できます。

果実中に含まれるポリフェノールの含有量は、ブルーベリーやラズベリー、ストロベリーよりも多く、ビタミンCはレモンよりも多く、オレンジの3倍も含まれています。ビタミンE、マグネシウム、鉄分なども含まれます。