クランベリー

ベリー類にはその色のもととなる色素のアントシアニン(ポリフェノール)が含まれています。

クランベリーに含まれる代表的なアントシアニンはプロアントシアニジン。これはブドウ種子にも含まれています。

クランベリーにはポリフェノール以外にも、キナ酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸が含まれており、これらの抗酸化作用や血流改善作用により、肌のハリや透明感などが改善し、美肌効果があることが確認されました。

クランベリージュースは古くから膀胱炎の予防・改善のために飲用されていました。
尿路感染症だけでなく、歯周病菌やピロリ菌の感染予防、動脈硬化、心臓病などの生活習慣病の予防効果も期待されています。