カテキン

WS000012.JPGカテキンもポリフェノールです。

カテキンにも色々な種類があります。

エピガロカテキンガレート(EGCG)
エピガロカテキン(EGC)
エピカテキンガレート(ECG)
エピカテキン(EC)


このうち最も抗酸化作用がつよいのがEGCGです(上に描いた構造式はEGCGです。フェノールがポリになってますね!)。
カテキンは緑茶だけでなく、同じ葉からつくられる紅茶やウーロン茶にも含まれているのですが、このEGCGだけはは現在、緑茶でしか見出されていません。

抗酸化作用の強さを、この分子構造から解明しようとする試みもなされています。

また、このEGCGを多く含むカテキン抽出物を皮膚に塗布し、皮膚ガンを予防するという臨床試験がアメリカで行われています。
ryokucha1.gif
お茶自体にはカテキンだけでなく、ビタミンCやアミノ酸、ミネラル、カフェインも含まれています。健康にいいからと、過度に摂取すると、カフェインの摂りすぎになってしまうので注意が必要です。

抗酸化作用や抗ガン作用のほかにも次のような様々なカテキンの効果が報告されています。
・血中コレステロール濃度上昇抑制
・虫歯予防
・歯周病の予防
・食中毒予防
・ピロリ菌除菌
・インフルエンザウィルス不活化
・腸内の悪玉菌の増加を抑える
・消臭作用