テアフラビン

紅茶やジュアール茶、ウーロン茶に含まれるポリフェノールで、リンゴにも微量ですが含まれています。

紅茶ではカテキンが発酵する過程で生成します。そのため、テアフラビンはカテキンが2つ結合した構造となっています。類似の化合物としてテアルビジンもあります。

テアフラビンやテアルビジンが紅茶独特の色のもととなっていますが、レモンを加えると化学反応によって色がなくなります。

テアフラビンはスーパーカテキンともよばれ、強い抗酸化作用をもっています。

脂肪や糖分の吸収を抑制するほか、抗菌作用、虫歯抑制作用、抗がん作用、血液凝固抑制作用、血行促進作用などが確認されています。